猫とワタシ

福笑い

笑って過ごせばいつもしあわせ

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する今年もその日がやってきました。

未分類

阪神淡路大震災の日から15年が経ちました。

短いような長いような…
毎週神戸・東灘区に通っている私は「神戸の15年間」を目のあたりにしてきました。

震災の4日前に見た風景と3ヶ月後に見た風景が余りにも違っていました。
今は「ここに何があったか…」思い出せないくらい復興しています。

昔の面影がなくなった街は「私の神戸」ではないような気がします。
当たり前かもしれないけれど再生できないくらい壊れてしまった街は新しく生まれ変わるしか
ないのでしょうね。

でも、やっぱり神戸は好きです!
24年間、私を育ててくれた街ですから…
友達もたくさん神戸で暮らしているから…
そして大好きなハンドベルができる私の居場所があるから…
せっせと神戸に通い続けています。


スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと。
ジャンル:日記

コメントの投稿

secret

あの日あの日

あの日の光景を忘れることはありませんね。
人は無力だなと思う反面、
人の力はスゴイとも思います。

故郷って、姿かたちが変わっても心の置き所ですよね。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。